ビルド方法

Simutrans-ExtendedはJamespetts氏のgithubリポジトリで管理されています。ここではLinuxでのビルド方法について説明します。 simutrans-extendedのソースを置きたいディレクトリ(ここでは~/Simutransとします)に入り、

$ git clone https://github.com/jamespetts/simutrans-extended

と打つと~/Simutrans/simutrans-extendedディレクトリが作成され、その中に現時点での最新バージョンが入ります。 あとはsimutrans-extendedのディレクトリに入り、

$ cp config.template config.default

と打ってconfig.defaultをコピーし、中身を編集します。 具体的には

# BACKEND = sdl
# COLOUR_DEPTH = 16
# OSTYPE = linux

の行の先頭の#を外し、コメントアウトを解除してください。その他の項目はお好みで変更してください。あとは

$ make

と打つだけです。bzip2やlibpngなど、必要なライブラリがない場合は適宜インストールを行ってください。基本的にapt-getやyum等のリポジトリに(lib***-dev等の名前で)含まれていると思いますが、もし提供されていない場合はライブラリの公式ページからソースをダウンロードし、自分でビルドする必要があります。ただし、どれもautomakeに対応しているためビルドはそれほど難しくなく、

$ ./configure
$ make
$ su
# make install

と打つだけで大丈夫です。

さて、無事にビルドが終了すると~/Simutrans/simutrans-extended/build/default/simutrans-extendedという実行ファイルが出来ていると思います。それを各自で必要な場所に移動あるいはコピーすれば終了です。

makeobjをビルドする場合は、~/Simutrans/simutrans-extended/makeobj/に移動し、

$ make

と打てばビルドされ、~/Simutrans/simutrans-extended/build/default/makeobj-extended/makeobj-extendedが生成されます。これも各自で必要な場所に移動して使用してください。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-14 (水) 15:45:51 (96d)